2007年06月27日

おにぎりについての日常

日本が代表する(?)食べ物の1つ「おにぎり」。我輩も好きだが、サンドイッチ同様、いろんなものを具にして食べられるからいい。

昨今、コンビニとかでもいろんなレシピや具材でのおにぎりが売られていて、我輩が子供の頃からすれば考えられないくらいである。例えば、「から揚げむすび」なんて考えられなかった(特別に斬新な感じもしなかったが)。

我輩は特にどれが好き、というものはなく、…というより、全部好きだ(^▽^)。まーその時々に応じて買い分けるというところ。例えば、カップラーメンと一緒に食べる時は、カロリーを多少たりとも控えるために梅やこんぶを買うし、一方、おなかを満たしたい時はから揚げや天むすにするし、味の濃いものを食べたいときはツナマヨやドライカレーとかにする。

これらのおにぎりはコンビニ各店でそれぞれにこだわりがあるようだが、どれもこれも手軽にできる簡単レシピなので、自分で作って職場に持って行く時もある。それは、自分の財布の経済事情が悪く、一方、妻には、「弁当持参の日(我が家では、子供の幼稚園が給食じゃない日)以外でお昼持ってくなら自分で作ってね」と言い切られたからだ。悲しい(>o<)。っなワケで、大体家にある具材で作って持っていく。

もっともよく作るのは具なしの「ふりかけにぎり」(+_+)。まー、単純だし。冷蔵庫をからくらなくてもよいから手っ取り早い。チト寂しいが...。次いで「こんぶ」もよく作る。これもご飯の上に載せて食べるを、やつそのままおにぎりの中に入れている。

これらをサランラップとアルミホイルに包み、会社まで持っていく。しかし、これだけでも2個作ってもっていけば、200円ちょっとの節約。貧乏な我輩にとっては、日々のこんな積み重ねが大切なのだ(-_-;)。
posted by おにぎり レシピ at 15:46 | TrackBack(0) | おにぎりレシピ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4628494

この記事へのトラックバック