2007年06月26日

便利なおにぎりグッズ

おにぎりというのは、字のごとく「握って」作るものだと思うが、しかし、当たり前だが熱い! 我輩も自分で握って食べるときがあるが、熱いご飯を右手に左手に放り投げながら、きっととても要領悪く作っている。

でも、「型にはめてつくる」って作り方も結構あるのかな?と思ってしまった。ってのは、検索サイト「Yahoo」で「アイデア おにぎり」で検索したところ、おにぎりのアイデアレシピと同じくらい、「おにぎり製造機」(我輩が勝手に付けた名前だが)的なものにヒットするからだ。

どれどれといろんなサイトをみてみると、中には製品化されているものもあれば、「王様の発明」じゃないが、自分が発明した「おにぎり製造機」もどきを公開している人もいる。

目に付いたのは「株式会社水野」さんのサイト。同社は家庭用キッチン雑貨を製造している会社だけあり、おにぎり以外にもお寿司製造機的なものもあったが、我輩が注目したのは「おにぎりポン」。型にご飯を入れ、押し蓋で押さえ、型をひっくり返して「ポン」と取り出せばできあがりなのだ。

これだと型もきれいで、熱い思いをしなくていい。ちなみに同社の「おにぎりポン」は「内側の縦溝加工がおいしさの秘密」で、この手の製品にありがちな、容器に水をつけるという必要がないので、ご飯の味と風味を損なわないのだ。だったら、作る方も食べる方も双方嬉しい!

ところで、子供の弁当をかわいく見せるために、妻のママ友は、ペットボトルの底を使っているらしい。ご飯が花形になってかわいいらしい。たしかに、これはアイデア! これ自体レシピとまでは呼べないが、いいお弁当はできそうだ。やはり、子供の弁当にかけるママ達の意気込みってすごいだろうな。
posted by おにぎり レシピ at 15:49 | TrackBack(0) | おにぎりレシピ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4628495

この記事へのトラックバック